採用情報
お問い合わせ

NEWSニュース

Newsニュース

ミキサー修理

石井久光

DCIM0326

YAMAHAパワードミキサーのOUTPUTスライドボリュームが不調です。0の位置でも音が出たり、動かすと雑音が出たりします。こういう場合はボリュームの劣化が考えらえますので早速ボリューム交換です!

DCIM0327

ばらして基板を取り出します。

DCIM0328

そして目的のボリュームを慎重に交換します。(右側が新品です)ついでに基板についたほこり等も掃除しておきます。交換を終えたらこれまた慎重に組み上げていきます。(どうかビスが余りませんように・・・)

DCIM0330

はい!無事にビスも余らず組立完成です!最後に音出しテストで終わりです。また現場に復帰しイイ音出してくださいね!!

秋の大祭

町野眞貴

毎年10月は神様を祭っている神社で毎年年中行事の祭祀のうち、最も重要とされるものが行われる時期であります。それを例大祭や大祭式例祭 とも呼びます。

最初に10/21日の出雲大社常陸教会で行われた分霊鎮座20周年大祭にお招きいただきました。

神太鼓の御奉仕

このしめ縄飾りはいつ来ても見ごたえ十分! 奉納演奏された大太鼓からは生の圧倒的重低音が放たれてました! 祭りが一気に活気づく心地イイSoundです!

表彰状

今回の鎮座20周年準備の一つとして私共が拝殿音響設備をお手伝いさせていただいたその時の取り組みの姿勢に謝意を表され祭典内で教会長様より直々に表彰いただきました。
誠に嬉しく感謝申し上げます。

10/27は自然社本宮の例大祭に毎年の恒例参加。

神界の儀

AM5時丁度に篝火を点火させ奥に写る神殿で行われる儀式の開式の合図となります。
私もかつてそのお役目をいただいた事がありますがその時は緊張しましたね~

拝殿 奥の神殿

拝殿の儀

式典最後の餅まき。神にお祓いをうけた餅が皆に届き、それを食した者は身体を清められます。
実は私は生まれてからずっとここの信徒であり、何を隠そう私の祖父はこちらの宮司でもあったのです。ここ数年は大祭当日の参拝だけでなく前日からの準備にも参加しています。平日であれば業務を休んで参加することになりますが非日常生活だからこそ学ぶことのできる体験できることに晴らしさを感じています。内容は無類の勤労奉仕ですがその奉仕に何の利害を求めずに集まった皆が創り出す空気がその時にした味わえないとてつもなく爽やかなもので何とも言えない心地よさです。少年のころに戻ったような和気あいあいとした楽しさがあります。

そして最後10/28に行われた藤沢相州白旗神社での秋祭には毎年来賓としてお招きいただいております。

NEW拝殿 湯釜

湯立神楽の湯釜。

最終演目のお神楽

日々練習を重ね伝統を守りつつ改良アレンジを加えているようです。
白旗神社さんとも4年前に境内の音響設備で御縁をいただいて以来のお付き合いです。毎年こうやって藤沢市重要無形民俗文化財である「秋祭 湯立て神楽」を奉納いただいております。なんとこちらの宮司様は私より一つ年が下なのですが茅ヶ崎寒川神社での修業をへて生え抜きの若さで宮司というお役目を授かった人物でもあり昨年ご結婚もされ、ますますにお国の為、人の為お役に立つことに尽力をつくされております!

この一週間は本当に多くお参りをさせていただきました。しかしそれは非常にありがたいことで、そんな神との結びを33年前に他界した宮司だった祖父、その祖父と共に神様をおまつりしていた祖母をはじめご先祖様皆が喜んでいるだろうな~と感じています。

OM Twin Night Club S

石井久光

OM T NCS-2

こちらも限定500個のOM Twin Night Club Sです。現在Night Club は楕円針のMK2しかありませんが今回丸針のSが限定復活です。そして特別色の黄色いSH-4(ヘッドシェル)も貴重です。

OM T NCS-1

OM Twin Scratch

石井久光

DCIM0304

限定500個の【OMツイン スクラッチ】が入荷しました!

DCIM0305

カートリッジはいつものOMスクラッチでヘッドシェルはSH-4ピンクです。可動式の金具に固定し収納します。真ん中の細長い溝にはコンコルドタイプのカートリッジが収められます。なかなか優れ物のケースですね。

神様との結び

町野眞貴

【出雲大社 常陸教会】にとって今年は島根県出雲大社よりご分霊をご鎮座し、20周年の記念すべき年周りとなります。その記念すべき年に執り行われる大祭の盛大なる準備のお手伝いとして弊社もそのお役目にお導きいただき境内拝殿の音響設備を新設させていただきました。

出雲大社 常陸教会

圧倒的 しめ縄

島根の御本社のものを実際に見たことは無いですが最初の現場調査でお邪魔させていただいた際にそのスケールの凄さにに圧倒されました。なんと総重量6000KG! このしめ縄飾りも今年の20周年に交換するとの事です。

拝殿広場

私共のお役目はこしめ縄飾り奥の拝殿で行われる式典の際の祝詞奏上ならびに祭事の際の式次第放送や教話の収音拡声を行うことが出来る機器の設営工事です。なんでも島根の出雲大社は素晴らしい音響設備が入っているらしく多くの参拝者がいらしても全体に明瞭な音を届ける事が出来ていたと副長である高橋様がおっしゃってました。そもそも高橋様は以前島根の御本社にいらしたそうです。
到着早々誠にありがたいことに教会神主様によりお清め、お祓いをいただきスタッフ皆十二分に気を引き締め作業に取り掛かることが出来ました。

拝殿天井裏 スピーカー

わかりづらいですが拝殿上天井内約7Mの高さに拝殿全体の厳かな景観を損ねぬようさりげなくスピーカーとワイヤレスアンテナを配置しました。

収音マイク

超指向性マイクにより僅かな声すら拡声可能にします。
残りは操作ラックを据え付けた完了です。実際に試していただき凄く良いとのお声を頂戴し私共一安心にて作業を終了致しました。そして最後に無事に工事を済まさせていただいたこと教会皆さまにも喜んでいただいた事に感謝の意を表し、スタッフ全員お礼参りを。
そもそも弊社は創業当社より事業所神霊を祭っており、毎日その神棚に向かい朝は一日の業務の無事と少しでも多くの人に喜んでいただける事を願って祈り、晩はその一日のお礼を申して退社しております。そして毎年11月には毎年の創立を祝い神主様を招いての祭典も行っております。弊社は創業からずっと神との結びつきを深くして今日まで歩んできました。そんな中今回のようなその神様に一番近いようなところからのお話が弊社に結び付くとは何とも素晴らしき御縁であろうかと喜びも一際です。

10月21日(日) 出雲大社 常陸教会 ご鎮座二十周年記念大祭が執り行われます。私も来賓として隣席させていただきます。皆様もどうぞ素晴らしきお社の姿をご覧になってはいかがですか。

1 26 27 28 29 30 31 32 38